Outsourcing – 情報システム部門アウトソーシング

経営に必要不可欠なITをマネジメントする情報システム部門を支援します。

ITの良し悪しが経営に大きく影響することは事実で、このITをマネジメントする情報システム部門は、投資・プロジェクトマネジメント・保守等々と、事業の方向性との整合性を取りながら企業価値を最大にする役割を担っています。
しかし、情報システム部門の業務量には波があり、クラウドサービスの普及により構築・運用から、IT戦略・計画へ求められる役割が変化してきています。

デザイニストラボでは、CIO視点、事業会社での情報システム部門視点で、経験と知識に裏付けされたノウハウをご提供します。
ノウハウは、貴社情報システム部門のノウハウとして蓄積され、情報システム部門の更なる発展へとつながります。

これからの情報システム部門の方向性

ITの進化は速く、技術だけではなく、お客さま・市場の変化にも柔軟に対応していなければなりません。
クラウドサービスは、質も高く、コスト削減にもつながり、情報システム部門はITを構築することからIT全体のコーディネートすることが強くなってきます。
このような背景から、情報システム部門にはITだけではなく経営の知識も重要となってきており、人財確保は重要な経営課題となっています。
最近では大手企業への就職を希望が増え、人財を確保することが非常に困難な時代となっています。

情報システム部門アウトソーシング ~IT投資の成果は、経営の業績に大きく影響します~
IT部門アウトソーシング
~IT投資の成果は、経営の業績に大きく影響します~
情報システム部門の人財不足のため、SI企業に任せていたが、ITコストがかかるだけでなく、都度業務にあわせる改修を繰り返し投資対効果を得ることができていない場合もあります。貴社の情報システム部門の立場で、最適なITマネジメントをしなければなりません。
これには、情報システム部門としての経験が重要なノウハウとなります。